臨床工学技士の仕事とは

臨床工学技士は、病院内にあるさまざまな医療機器の操作、そしてその機器たちの保守やメンテナンスを行っていきます。

臨床工学技士の資格を取得するために

no.1

高校を卒業し養成学校へ進学

高校を卒業してから、大学や専門学校などの臨床工学技士を養成する学校への進学が必要です。

no.2

臨床工学技士を目指す科目を学ぶ

大学に進学した場合には4年間、専門学校では3年間、臨床工学技士を目指すための必須科目を学んでいきます。

no.3

所定の単位取得が必須

大学や専門学校などの臨床工学技士を養成する学校にて、所定の単位の取得が必要です。

no.4

国家資格の取得を目指す受験をする

毎年3月に行われる臨床工学技士になるための国家資格を受験し、合格すると臨床工学技士としての免許を取得することができます。

no.5

看護師や臨床検査技師の資格を持っている場合

看護師や臨床検査技師の資格を持っている方が臨床工学技士の資格を取得したい場合には、1年制の専攻科に通うと国家資格の受験資格を得ることができます。

女医

資格を取得すること

医療機関で仕事をしている人の中に臨床工学技士がいます。実際にどんな仕事をしているのかよく分からない、という人もいるようですが、臨床工学技士は医療機関で使われている機器のスペシャリストとも呼ばれています。今は医療機器の種類も増えてきており、その医療機器を活用をして病気の診断をスムーズに行うということもできるようになっています。医療機器を扱う仕事をしているのが臨床工学技士です。専門的な知識がなければ病気の早期発見をすることもできなくなってしまいますし、機器の取り扱いの知識もなければいけません。健康を維持するためにはどうしても臨床工学技士の力が必要になります。国家資格でもあるのでハードルは高いですが、それでもやりがいを感じることができる仕事として人気が集まってきています。医療機関で幅広く仕事をすることができます。

収入のチェック

臨床工学技士は国家資格を取得しなければ、就業をすることができません。専門的な知識がなければ資格を取得する条件を満たすことができないので、専門学校で勉強をするということが多いようです。資格を取得していれば、年収もかなり多く見込むことができます。高収入の仕事ということもできるので、医療関係の仕事を考えているのであれば、専門学校への進学を考えてみるとよいでしょう。医師や看護師を目指す場合よりも学費を抑えることはできますが、それでも専門学校の中では学費は高い方に設定されています。学校によっても学費に差があるので、入学をしたいと考えている専門学校の学費はチェックをしておくとよいでしょう。そうすることによって、学費の対策も考えることができるようになります。どういうカリキュラムなのかということも確認をするとよいです。