HOME>イチオシ情報>鍼灸師になるためには国家資格を取得することが必要

鍼灸師の資格とは

鍼灸師は国家資格です。国家資格を受けるためには、一定のカリキュラムを行ってから卒業することが必須条件となります。

鍼灸師の資格を取得できるおススメの学校

  • 鍼灸学科だけでなく、看護学科や理学療法学科など医療にかかわるさまざまな学科が集結している学校で、医療に携わるチームとして学ぶことができます。
  • 専門学校で鍼灸師としてさまざまな技術と知識を学ぶことができます。
  • はり師ときゅう師の国家資格だけでなく、あん摩マッサージ指圧師の資格取得可能な専門学校があります。
  • ダブルスクールを利用し、他の医療知識と鍼灸師としての技術と知識を学び、活躍の場を広げることができます。
  • 鍼灸を学べる大学では、大学卒業の学歴も得ることができます。
  • 社会人でも、夜学部を利用して鍼灸師を目指すことが可能です。
  • めずらしい東洋医療を学ぶことができます。
  • 鍼灸の知識だけでなく、美容分野を学ぶことができる専門学校で、国家資格を取得しながらも美容の世界で技術を活かすことができます。
  • 実習やセミナー、カリキュラムがしっかり組み込まれていながら、サポート体制もしっかりしている学校はおすすめです。
  • 就職活動サポートがあり、取得した資格を活かすことができます。

就職率が高く働きながら通学できる

鍼治療する女性

鍼灸師とは、はり師ときゅう師の資格を持つ専門家のことで、成るには国家試験に合格する必要があります。そして鍼灸師の専門学校を選ぶには伝統と歴史があり、就職率が高い学校がおすすめです。また鍼灸師の専門学校は高校を卒業した人だけでなく、働きながら通学できるところなら社会人も入学できます。歴史のある鍼灸師の専門学校は、これまで多くの卒業生が医療や介護施設で活躍している実績があります。そのため信用があり、就職に強いと言えます。

奨学金制度や教育訓練給付金を活用

鍼治療

伝統ある鍼灸師の専門学校は、学費もリーズナブルな価格なので経済的負担も少なく助かります。また奨学金制度や教育訓練給付金なども活用できます。鍼灸師の専門学校は午後からの講義になるので、自分のペースで通学できます。またAO試験も行っています。それから大学や短大で取得した単位の一部を認定できるケースもあります。鍼灸師になるのに遅すぎるということはなく、10代20代だけでなく30代から50代の生徒も大勢在籍しています。社会人としての経験が鍼灸師になってからも活用できるので、やる気のある方はチャレンジしてみることです。鍼灸師の専門学校では興味のある方に、請求すれば無料で資料を送ってくれます。またオープンキャンパスも行っているので参加するといいです。